ドラッグストアで買える40代向き美容液7選!コスパが良いのはどれ?

「安くて効果がある美容液が欲しい!」「コスパが良い美容液はどれ?」「ポイント貯めてるから近所のドラッグストアで買いたい」なんて思っている方はこの記事を参考にしてみてください。

コスメコンシェルジュである私が成分をチェックして、良いなと思ったものをピックアップしていきます!

ドラッグストアでの美容液の選び方

ドラッグストアに限らず、どの化粧品でも同じことが言えますが、成分を見ることがとても大事です。

なぜなら、その化粧品は、あなたの悩みを解決してくれる成分が入っているかわからないからです。

 化粧品の成分表の見方はコチラ

化粧品は合う合わないが個人によって大きく、使用感や香りの好みもあるために、これが一番良いと言えないのが難しいところ。

でも、効果が期待できる成分が入っていなければ、使ってみる意味すらありませんよね?

まずは成分を見て、自分がこうなりたい、と思っている悩みを解決できる可能性があるかどうかを判断します。

それから試してみて、肌に合うか、テクスチャーは好きか、肌に変化はみられるか、など総合的に判断して良し悪しを判断します。

美容液は安いと効果がないのか?

私が美容液はスキンケアの中で一番重要だと思うのは、美容液というのは美容成分がギュッとつまったアイテムだから。

化粧水はほとんど水で出来ているため、安く作られるアイテムですが、美容液となるとそうはいきません。

美容液の値段が高くなりがちなのは、原料が高価な美容成分がたくさん入っていたりするからです。

ですので、逆を言えば、安い美容液に効果がないというより、美容成分の配合量が少なかったり、安い原料が使われているから安い、ということが多いのです。

例えばポーラが15年かけて何億もかけて開発した成分が、すぐに千円で販売される、ということはないですよね?

化粧品は安ければ効果がない、高ければ良い、とは限りませんが、ある程度高い方が効果が期待できる、ということなんです。

それでも、そんなに良いものじゃなくても、ある程度効果が期待できて、コスパが良い化粧品が欲しい、というのは誰しも思うことですよね。

安い美容液によく使われている成分

前述しましたが、安い原料を使って作られた美容液は、原価が安いので安く販売出来ますよね。

ですので、安い化粧品によく入っている成分があります。

誤解のないようにしてほしいのですが、これらは、それ自体がダメ、というわけではありません。

ただ、他の成分に比べると、パンチが弱い、可もなく不可もなく‥的なものが多いです。

安くてある程度効果が期待できる商品には、他の安い化粧品とは違う特徴があるんです。

ドラッグストアで買えるコスパの良い美容液7選!

以上をふまえてピックアップしてみました。

やっぱりこれ良いね!と思ったメーカーのものは、どれもあまり外れなし、という傾向。

だから、どれ、というよりシリーズで良くて、その中で悩みに合わせて選んでみれば良いかと。

素肌しずく

このシリーズ、プチプラで有名だけど、成分チェックしても「おお!」と思える。たとえ濃度は薄くても、この値段でこの内容はすごい!


素肌しずく 濃プラセンタ化粧水

なかでも一番のおすすめはコレ。素肌しずくシリーズの中でエイジングケアに特化し、化粧水+美容液+乳液の3つの機能を兼ね備えた、1品3役の高保湿化粧水。

発酵系って今流行ってますけど、これもそう。プラセンタエキスに酵母と黒砂糖を加え、発酵・熟成した「スーパープラセンタ」配合。

他にも、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、コエンザイムQ10、プロテオグリカン、ヒト型セラミド2、などの美容成分が入っています。

エラスチンは肌のハリに重要な成分。千円くらいの商品で、エラスチンが入ってるなんて‥!

さらに、ベースの水はただの水じゃなくて出雲の精製水を使ってます。

すごすぎる。プチプラで探していて何使うか迷ったら、コレ使っとけば良いと思います!

ちふれ

これも定番だけど、やっぱりすごい!プチプラなのに濃度も全部公表してる信頼のちふれ。

何年経っても不動のプチプラトップクラスの座を譲らない王者の貫禄。


ちふれ 美白美容液W

ちふれの中でも最強なのはコレだと思う。正直他のは良いんだけど、保湿だけって印象でまあ値段なりよね、と。

美白の有効成分にアルブチンとビタミンC誘導体配合の医薬部外品

このビタミンC誘導体はL−アスコルビン酸2−グルコシドという安い化粧品によく入っている種類のビタミンC誘導体だけど、アルブチンとの相性が良いのが特徴。

このビタミンC誘導体だけだったら微妙だけど、これなら期待できる!プチプラで美白ならコレ!

保湿成分にヒアルロン酸だけでなくトレハロースが入っているところも◎

これで約千円なら買いですね!

ホワイトラベル

これ、最近急上昇。40代には金シリーズがよろしいかと。


ホワイトラベル 金のプラセンタ もっちり白肌濃美容水

美容液のような濃密化粧水。てかこれ、エボニック社のセラミド原料使ってると思われる‥まじか!すごい!

 セラミド原料についてはコチラ

値段的にセラミドの濃度は薄いと思うけど、保湿にコラーゲンとトレハロースなので、保湿をプチプラでしっかりしたい方にはかなり良いんじゃないかと!

白肌ってところが美白を思わせるけど、それはあまり期待出来ないのでご注意。しっかり美白したいならこれじゃない。

菊正宗

菊正宗の純米吟醸酒が入ったシリーズ。なかでも美容液は美容成分もりだくさん!

菊正宗 日本酒の美容液

プラセンタ、アルブチン、ヒト型セラミド3種、ビタミンC誘導体2種、12種類のアミノ酸とてんこ盛り!

保湿に美白と欲張りたい方はコレ!ただお酒の香りがするので好みは別れるかと。

お酒なので、発酵系です。大容量なので、首や体にもたっぷり惜しみなく使えます。

リッツ

少しだけプライス上がりますが、やっぱり価格とともに成分のレベルも上がる。


リッツ モイストエッセンス

毛穴とハリならコレ!リンパをケアするキュアパッションフルーツエキスをシリーズ最高濃度で配合。

厳しい環境下で生き抜く植物幹細胞由来成分に加え、酵母由来成分も配合し、うるおいとハリを!

エイジングケアに強い味方の成分がたくさん入っているのにロープライスなのが嬉しい!

ONE BY KOSÉ

ドラッグストアで人気の美容液といえばコレ!


■ ONE BY KOSÉ 薬用保湿美容液

肌の水分保持能を改善するライスパワーNo.11配合。この効能はライスパワーNo.11だけ厚労省から認めらている成分。

セラミドを生成する作用もあり、肌力を上げて透明感が欲しい方に。

ただしエタノールが入っているため、アルコールの香りが結構します。

サッパリタイプが好きな方向き。

資生堂 HAKU

値段はぐっと上がりますが、とにかくシミ対策をしたくてドラッグストアで買うならコレ!


資生堂 HAKU メラノフォーカスV

メラニン生成ルートを全方位からアプローチ。高いけど効果を実感できると評判の美白美容液。

資生堂独自成分とトラネキサム酸などを配合し、しみが出来るメカニズムのあらゆる方面から対策するので、シミを予防できる確率が上がる。

ただしサリチル酸の骨格をもつ成分が入っているので、敏感肌さんは注意。

まとめ

ドラッグストアに行くと化粧品がたくさんあって迷ってしまいますよね。

ちょっと気になるものを発見したら、まずは成分をチェックすることを習慣にしてくださいね!

雰囲気良さそうなものはたくさんありますが、成分を見ると、即却下、なんて判断が出来るようになってきますよ。

安くて効果を感じられるお気に入りが見つけられますように!

関連記事

  1. オルビスユーがエイジングケアを強化してリニューアルしたので試してみた!…

  2. 最近よく聞くようになったオールインワン美容液ってなに?

  3. 私がコレは「良いもの」と思う化粧品の判断基準

  4. 冬将軍到来!今使うべき40代におすすめの保湿美容液まとめ

  5. 美容オイルを使う時も美容液は必要?その順番は?

  6. 美人は夜作られる!ゴールデンタイムに寝られない人はどうなるの?

  7. ケミカルと無添加とオーガニック化粧品の違いは?あなたが求めるのはどんな…

  8. パックをする時の美容液の順番はいつが正しい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

\メルマガ会員募集中/

おすすめ記事

最近の記事