セラミド美容液の選び方~40代におすすめなのは?ランキングもご紹介~

セラミドは今や保湿には欠かせない成分で有名ですね。

でもセラミド美容液といってもたくさん出ていて何を選んだら良いかわからない‥という方も多いのではないでしょうか。

この記事では40代のためのセラミド美容液の選び方とおすすめをランキングでご紹介していきます!

40代の肌の特徴とは?

40代に入って急に今まで使っていた化粧品が合わなくなった、肌質が変わった、シミが一気に出てきた、などの悩みを抱える方が増えてきます。

お肌の曲がり角は25歳から、と言われていますが、実は本当に危険なのは40代なんです。

今までは平気だったのに、ほうれい線が目立ちはじめ、くすみ、たるみなどからいきなりがくんと老けて見えたりすることも‥。

これらは、女性ホルモンの減少やエイジングによって引き起こされます。

女性ホルモンであるエストロゲンには、コラーゲンやエラスチンなどに働きかけ、肌にツヤやハリを与えてくれるのですが、エストロゲンの分泌が低下するとともに、これらも失われていきます。

また、肌のターンオーバーも遅れがちになり、メラニンを排出しきれずシミが一気に表面化します。

40代は今までしっかりお手入れしてきたか否かがハッキリ分かれる年代ともいえるでしょう。

40代の女性に必要なスキンケアは?

スキンケアの基本は保湿です!

女性ホルモンの減少により、いきなり乾燥肌になってしまうことが多いのも40代の特徴です。
私はテカるんだけど‥という方はインナードライの可能性もあります。

保湿といえば、化粧水をたっぷり使うこと、と思っている方も多いのですが、水分では保湿は出来ません。

保湿とは、肌の水分を失わせないこと。

その役割を果たすのが「セラミド」なんです。

セラミドは水分を抱え込んで離さない!

セラミドは肌の角質層に存在し、ラメラ構造を形成しています。

ラメラとは、水分と油分が交互にミルフィーユ状に重なっていること。

セラミドが水分を掴むためにこのような構造が出来るんです。ラメラが整っていれば肌にキメとツヤが出ます。

そしてセラミドは角質層に存在するため、真皮層にあるコラーゲンとは違い、外から塗っても効果があると言われています。

成分がしっかりと詰まっているのが「美容液」

最近は化粧水でも美容液のように成分が濃いものや、美容液でもほとんど水なんじゃ‥?というものもあるので、一概に「美容液」と名前がついているからといって選ぶべきではありませんが、たいてい美容液と名前がついたものには有用成分をたくさん詰め込まれています。

セラミドは油溶性のため、水にはほとんど溶けません。ですので、ほとんどが水の化粧水ではなく、美容液やクリームにセラミドが入っているものがおすすめです。

セラミド美容液の選び方

ではたくさんあるセラミド美容液からどうやって自分に合うものを選んだら良いのでしょうか?

セラミド美容液の着目点は以下を参考にしてみてください。詳しくは後から説明していきますね。

 icon-check-square  ヒト型セラミド配合であるか

 icon-check-square  アシルセラミドが入っているか

 icon-check-square  使い続けられる値段かどうか

 icon-check-square  デザインや香りが好きかどうか

 

万人に合う化粧品なんてないので難しいのですが、いかに自分が気に入って効果も期待出来る化粧品かを見極めることが大切です。

では少し詳しく説明していきますね。

セラミドの種類

セラミドには種類があります。その中で最も効果が高いと言われているのが「ヒト型セラミド」です。

 セラミドの種類は?なぜヒト型セラミドが良いと言われているのか?

化粧品にヒト型セラミドが入っているかどうかを確認するには、全成分表をチェックしてください。

セラミド+数字かセラミド+アルファベットの表記のものがあればそれがヒト型セラミドです。

※医薬部外品の場合は表示が変わるので注意。N-ステアロイル~、ヒドロキシ~とか

最近言われているのはアシルセラミドが重要ということ

アシルセラミドとはセラミド1,4,9のことです。

ヒト型セラミドは脂肪酸とスフィンゴシンの結合で出来ているのですが、この組み合わせによって分類されています。

そして脂肪酸が特に長いセラミドをアシルセラミドといいます。

これが肌のバリア機能形成には非常に大切です。

そしてこのアシルセラミド単体ではなく、他のセラミドとミックスされていた方が効果が高いとも言われています。

 乾燥肌&敏感肌&アトピーさん必見!美肌にはアシルセラミドが超重要って話

セラミドは使い続けることが大事

セラミドの効果を感じるには、ある程度の期間使ってみないとわかりません。特に40代の肌はターンオーバーが遅れがちなので、最低でも2ヵ月、出来れば3ヵ月は使った方が良いと思います。

ですので、1本だけ奮発して使って終わり、ではなく、使い続けられる値段であることが必要です。

セラミドはある程度高価な原料なので、あまりにも安いものはセラミドの配合がほんのわずかという可能性があります。

だからといって高い方が良いかといわれると、ブランド料や容器がゴージャスだったり、中身以外にお金をかけていて高額になっているケースもあるので、一概には言えないのがまた難しいところ。

セラミド高濃度かを見極めるのは難しい

全成分表示でセラミドの表示が前の方にあるものを選びましょう、ということも言われますが、それも一概には言えません。

というのも、セラミドの推奨濃度は1%以下なので、全成分表示で言えば後ろの方に記載されていても高濃度の可能性があるからです。

化粧品の全成分表示のルールとして「1%以下のものは順不同の記載で良い」というルールがあります。

しかし、たいていのメーカーはイメージを良くするためにセラミドの表記を前の方に持ってきています。

後ろの方に書いてある場合は、ばか正直に1%以下でも濃度順に記載しているか、何も考えていない‥?ということかと。

セラミドの場合、ほとんどが1%以下の配合なので、高濃度かどうかを見極めるのは難しいと言えます。

見た目や香りが好きならプラシーボ効果もあるかも

プラシーボ効果とは偽薬効果とも言われていて、薬理作用がないのに効果が表れることです。

つまり、化粧品で言うなら、そんな有用成分は入っていないはずなのに、改善された、良くなった、と感じることです。

病は気からと言いますが、反対に、これが良いんだ!と信じていれば、そうなる可能性もある。まあこれ言い始めたら元も子もないんですが‥。

テンション上がるってことも大事だということです。その化粧品を使って癒される、と感じるのは良いことですよね。

使いたくない成分やアレルギーの可能性がある成分を普段から考えておく

あとは、自分のボーダーラインを決めておくことも大事です。

イマドキ日本で売られている化粧品に危険な成分が入っているなんてことはありません。

界面活性剤もパラベンも悪いやつらではありません。でも、それらにアレルギーが出る、どうしても使いたくない、という方もいますよね?

他にも極力界面活性剤が少ないものが良い、とか、オーガニックじゃないと嫌だ、とか色々あると思います。

何が良いかは人によって違います。オーガニックだって植物の力が強い分かぶれる方はかぶれてかゆくなるのでダメ、という方もいますしね。

意外と選択肢は絞られる

以上を考えていくと、セラミドに特化した場合、意外と選びやすいのでは?と思います。

とにかく保湿をするためにセラミド美容液を探している、という方は、上記を参考にしてあなたのテンションも上がる美容液を探してみてくださいね。

セラミド美容液ランキング!

それでも結局何が良いかよくわからない!という方は私のおすすめを検討してみてください!

 エトヴォス モイスチャライジングセラム


ヒト型セラミド5種(1, 2, 3, 5, 6Ⅱ)を配合し、ラメラ構造を形成。セラミド濃度にも期待出来ます。
さらにセラミド以外にもヒアルロン酸やアミノ酸も配合し、保湿に徹底的に特化。
パラベン、石油系界面活性剤、シリコン、鉱物油、合成香料、着色料フリー
50ml ¥4,000で約2ヵ月分と内容のわりにグッドプライスでコスパよし!!

ただしラベンダーの香りがするのでそれが好きでない方、乳液みたいなミルク状なのでテクスチャーが好みでない方はダメかも。

私としては神的なバランスで文句のつけようがない。ここ何年もこれを超えるものに出会っていない。
>>お試しセットはコチラ

 

 アスタリフト ジェリーアクアリスタ

ヒト型セラミド3種(1,3,6Ⅱ)をナノ化して配合。リニューアルしてアシルセラミドであるセラミド1を入れたことに大きな意義がある。
アスタリフトといえば赤。これは強い抗酸化作用をもつアスタキチンサンを表しており、活性酸素と闘うエイジングケアの強い味方。

サイズと機能の異なる3種のコラーゲンで保湿力もある導入美容液。
60g ¥12,000とやや高額だが、富士フィルム独自のナノテクノロジーがゆえ。

効果が期待できる分、敏感肌さんは注意が必要かも。高額なのでまずは試してみた方が良いですよ。
>>お試しセットはコチラ

 

 ヴァントルテ ボタニカルモイストセラム

ヒト型セラミド3種(1,3,6Ⅱ)配合。エトヴォスと同じくラメラ構造を形成。
エトヴォスよりはセラミド濃度はやや劣ると推測されるが、その代わりに植物幹細胞を配合し、ベースも水ではなくボタニカルウォーターを使用。

保湿だけでなく、ハリなどのエイジングケアもしたいならコレ。
シリコン、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、エタノール、紫外線吸収剤、タルクフリー
30ml ¥4,800とエトヴォスより割高だが植物幹細胞が入っているのでやむなし。べた付かずサッパリタイプ。
>>お試しセットはコチラ

まとめ

セラミドは保湿になくてはならない成分です。でもセラミドなら何でも良いわけではありません。

また、セラミドは時間はかかるものの、塗って効果が期待出来る成分なので、長期間使うことも大事です。

しっかり全成分をチェックして、あなたのなりたい肌に近づけるかどうかを見極めてお気に入りの1品を見つけてくださいね!

関連記事

  1. オバジCセラム5,10,20の人気の秘密に迫る!効果的な使い方は?

  2. おすすめの美容液+日焼け止めランキング!肌に優しくて白浮きしなくて綺麗…

  3. 40代になったら化粧品は高いものを使うべき?!

  4. パックをする時の美容液の順番はいつが正しい?

  5. 保湿に切り替えるのちょっと待った!実は秋こそ美白強化月間です!

  6. 私がコレは「良いもの」と思う化粧品の判断基準

  7. ドラッグストアで買える40代向き美容液7選!コスパが良いのはどれ?

  8. 美白有効成分ってどれを使ったら良いの?シミの出来る工程がカギ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

\メルマガ会員募集中/

おすすめ記事

最近の記事