fbpx

キュレルに入っているセラミドは疑似セラミドなのに評判が良いのはなぜ?

セラミドはヒト型セラミドが良い!と言われているのは有名だと思います。

ところがキュレルに入っているセラミドは疑似セラミドと言われる合成のセラミド。

それなのになぜ「キュレル」」の評判が高いのでしょうか?

キュレルに配合されているセラミドの種類

セラミドは大きく分類すると合成由来と天然由来に分けられます。

疑似セラミドは、合成由来で人工的に作られたセラミドです。

キュレルに含まれているのは「ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド」という成分。

これはセラミド2と同じ構造を持つように花王が開発した疑似セラミドです。

疑似セラミドはヒト型セラミドに比べて安価で作れるので、高濃度で配合しても値段を抑えられるというメリットがあります。

キュレルはセラミドケアと謳っているのに、全成分表示を見ても「セラミド」という文字はありません。

「ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド」が疑似セラミドの名称ですよ。

 セラミドの種類について詳しくはコチラを参照ください

キュレルは超高濃度の疑似セラミド配合

なんといっても疑似セラミドは高濃度で配合出来るというメリットがあります。

ウワサによるとキュレルのセラミド濃度は8%らしいですよ?たぶんクリームの濃度だと思いますが、これはかなり驚異的。

通常1%でも超高濃度と言われるヒト型セラミドの濃度よりはるかに濃い。

ヒフミドのクリームはヒト型セラミドで4%というのがさらに驚異的ですが。w

キュレルはセラミドの質より量で勝負!!ってことか?男子高校生のごはんみたい。

でも一概に疑似セラミドはヒト型セラミドに劣るとはいえないようなデータを花王が出しているので、質が悪いというわけでもなさそう。

ただ、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドはセラミド2の構造に似せて作られた成分。

近年では、セラミドは種類をたくさんミックスさせた方がよく、その中にアシルセラミドといわれる長鎖脂肪酸のセラミドが入っているのがベストだと言われています。

 アシルセラミドについてはコチラの記事を参照してください

セラミド2だけの比較でいくと甲乙つけがたいかもしれませんが、複数のセラミドが入っていない、という点ではキュレルはセラミド化粧品としてやっぱりちょっと弱いかな。

キュレルは肌の上に人工のラメラ構造を作るイメージ

じゃあやっぱりダメじゃんって感じですが、キュレルが支持されているのはセラミドの種類うんぬんとかではなくて敏感肌用というのが大きいと思います。敏感肌用代表と言っても過言ではない。

肌のバリア機能が落ちると外からの刺激を感じやすくなって敏感肌になるんですね。

で、このバリア機能を強化するのにセラミドは重要な成分なのですが、セラミド化粧品で肌バリアを強化するのって時間がかかります。

それをキュレルは人工的に肌の上に作っちゃお、っていうイメージ。

それには「ラメラ構造」がキーワード。ラメラ構造とは水分と油分がミルフィーユ状に重なっている状態。

これが肌でキレイに出来ていれば、キメが整ってツヤが出て、バリア機能が強化されて外からの刺激を受けにくくなります。

キュレルはこのラメラ構造を化粧品で人工的に作るような処方になっています。

キュレルのもう一つのポイントはユーカリエキス

ヒト型セラミドは肌を根本から変えていくもの。

でも疑似セラミドは肌を根本から変える力は弱いと思われます。

疑似セラミドのキュレルを使い続けても肌は変わらない、その時刺激を感じず使えるもの。

でもそれだけで終わらないのがキュレルです。

キュレルには「ユーカリエキス」が配合されています。

このユーカリエキスにはセラミドの回復促進によるバリア機能向上と保湿作用があるんです!

ですので、キュレルはただのその場しのぎだけの疑似セラミド化粧品とは違いますよね。

ここら辺もキュレルが支持されている理由かと思います。

キュレルはアトピーでも使える?

私もかつてお世話になってました。刺激が低いのでアトピーでも使えましたよ。

でもメーカーはアトピーの方は使うことを勧めていません。

医師と相談してください、だそう。そこらへんは自己責任ということね。まあこの辺は好感度高い。

アトピーでも使えます!って何を根拠に?ってもの多くないですか?

使って大変なことになったあの地獄の苦しみわかるんですか?誰が責任とってくれるの?と。

ちなみにキュレルはパラベン入っているので、そのあたりも好みが別れるところだと思います。

でもヒルドイドもパラベン入ってますからね?

まとめ

キュレルはヒト型セラミド配合ではないけど、敏感肌さんが低価格で使いやすい化粧品。

最近はシリーズもたくさん出ていて、トライアルサイズもドラッグストアで販売されているので、気になる方はお試ししてみて人気の理由を確かめてみてくださいね!

関連記事

  1. 40代に美容液が必須な理由とは?

  2. オールインワンと美容液を一緒に使う時の順番は?

  3. ノブは敏感肌のためのブランド!肌荒れ&乾燥にはヒト型セラミド配合のⅢが…

  4. あなたの肌のザラザラごわごわを改善するたった一つの方法とは?

  5. 現役美人皮膚科医による吉木式メソッドとは?

  6. ビタミンCとビタミンC誘導体の違いは?

  7. 秋は肌修復のチャンス!本格的な乾燥季節になる前にやるべきこととは?

  8. パックをする時の美容液の順番はいつが正しい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

\メルマガ会員募集中/

おすすめ記事

最近の記事