fbpx
2019美容液情報

2019年は花王に注目!メイクオフは人工膜をはがすだけ?!

皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年も美容に猪突猛進し、情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

はてさて、2019年は美容業界にとって革命の年になるかもしれません。

というのも、花王がすごいことになっているから!!

シワ改善コスメの参入に遅れをとった花王ですが、今年は花王が一人勝ちなるか?!と思えるくらいのすごい技術がたくさん!

この技術をもってすれば、シミが消えなくても怖くないかも?!

花王が開発した最新技術である5つのイノベーション

花王は2018年11月に皮膚・健康・毛髪・界面・環境の5つの領域における新技術を発表しました。

これが本当にすごい!

未来の社会に貢献したいという志からすごい研究に取り組んでいたみたいですね。

人工皮膚技術「Fine Fiberファインファイバー」

発表された5つの技術の中でも私が特に興味を惹かれてすごい!と思ったのがこのファインファイバーといわれる技術。

なんと、肌の上に人工的に第2の皮膚を作っちゃう!というもの。

説明するよりこの動画を見る方が早い!

Fine Fiber技術とは、小型の専用装置にセットした化粧品用のポリマー溶液を、装置のノズルを通して肌に直接噴射することで、肌表面に極細繊維からなる積層型極薄膜を形成する技術です。この技術を用いることで、誰でも簡単に、身体中のさまざまな部位の三次元形状や面積に合わせた膜を、肌表面に自在に形成できるようになります。

この技術が応用されて2019年には製品化予定なんだそう!

このファンデーションとか超魅力的じゃないですか?

もし噴射するだけでファンデになって、シミも綺麗に隠してくれるなら最高ですよね♪

しかもそれなら、化粧を落とすのが面倒なときに、この仮面はいで捨てられたら良いのに~~って長年思い描いていたことが実現するってこと?なんて思ってしまいました。

どういう風に製品化されるかはまだ公表されていませんが、シミやしわ、毛穴のカバーに優れていて、皮膚呼吸も妨げないそう。

膜といっても皮膚との境目が目立たず、違和感もないそうでかなり期待が持てますね。

百貨店などでカウンセリング販売になるらしいので、ソフィーナから出るのかな?

詳細が発表されるのが楽しみですね!これ自体がファンデになるんだったら絶対に買います!

未来の皮膚病を予測「RNA monitoring」

RNAリボ核酸から得られる情報をもとに、目にみえない皮膚状態の可視化、未来の皮膚状態の予測ができるという技術。

今までは血液からしか採取することができなかったRNAを皮脂から採取できることを発見。

今はわからなくても、未来にアトピー性皮膚炎になる可能性などを確認できるそう。

シャンプー・コンディショナーで髪の色を変えられる「Created Color」

これもいいね!と思ったのですが、簡単に髪色を変えられるので、頭皮にも髪にも優しくて簡単におしゃれを楽しめますよね。

年齢的にも頭皮を痛めるヘアカラーを辞めようと思ってはいるものの、なかなか抜け出せないでいる、という方も多いのではないでしょうか。

この技術を使えば、染髪剤は使用せず、コンディショナーだけで染色することも可能。

さらに、フィルムと共同開発をした染料「Moving Color ムービングカラー」という技術も発表されました。これは光のあたり方や髪の動きによって、染色した髪の色が変化する技術なんだとか。

これも、シャンプーとコンディショナーを使用するだけで簡単に髪色を変えることができるそう。

この製品化はいつとは発表されていませんが、こんな時代がもうすぐ来る、と思うとホントにすごくないですか?

高い洗浄力と親水性を実現し洗浄の生活を変える「Bio IOS」

花王はこれまで未活用だったバイオを界面活性剤として使用することに成功。

この技術を使うと、汚れは水につけるだけで簡単に落ち、洗う対象面にも汚れがつきづらくなるそう。

これによって、顔を洗う、髪を洗う、体を洗う、という生活の様々な部分も変化していくんだとか。

具体的にはどう変わるんだろう?という感じですが、なんだかこれも楽しみですね。

再生プラスチック100%使用し残液0を実現する「Package RecyCreation」

今話題となっているプラスチック問題。スタバでもストローがプラスチックじゃなくなるとか、様々な企業が取り組みを進めていますね。

花王が最新のフィルム容器として発表したのが、フィルムと空気だけでボトルを作る「AFB Air-in Film Bottle」

この技術が最終的に完成すると、使い捨て容器の100%がリサイクル可能となり、ほぼ新品のプラスチックは必要なくなるんだとか。

美容の革命「人工皮膚膜」に期待!

資生堂もセカンドスキン(人工皮膚形成技術)なるものを2020年までに製品化する予定としており、花王のファインファイバーと真っ向勝負になりそう。

また、パナソニックも人工皮膚「しみかくシート」を2020年までに発売しそう。

シワ改善コスメの次は人工皮膚膜対決か?!

これらの何がスゴイって、シミをしっかり隠してくれる可能性が高いこと。

しかも、見た目にもばれづらいらしいので、コンシーラーやファンデーションでもシミを隠しきれず、色素沈着してしまった大きな濃いシミに悩んでいる方はかなり待ち遠しいのではないでしょうか。

魔法のように思えた人工膜ですが、近い未来に実現するまで時代は進んでいます。

美白とか毛穴とかの美容液なんかいらなくなる時代もくるのかな~。

どんどん進化する化粧品に今後も注目ですね。