fbpx
40代におすすめのハイドロキノン

予防じゃなくてシミを消したいならハイドロキノン!ビーグレンを試してみたら‥

俗にいう美白化粧品とは、しみ・そばかすを予防するもので、シミを消すものではありません。

シミを消したい場合は「ハイドロキノン」を使うべし!

市販で有名なハイドロキノン化粧品と言えば「ビーグレン」です。

これって本当に効果あるの~?と思ったので使ってみた感想をお届けします。

ビーグレンを使ってみるか迷っている方は参考にしてみてください。

ビーグレンの特徴とは?

どんなケアも肌に的確に浸透しなければ効果は期待できない、という考えから生まれた化粧品がビーグレンです。

画期的なテクノロジー「QuSome®」は、医療界の浸透テクノロジーを美容に応用したもの。

これを開発したブライアン・ケラー博士は、奥様の化粧品を見て、これじゃどれだけ塗っても肌には浸透しない‥と思ってビーグレンを開発したそう。

ビーグレンには19種類もの悩み別に対応した8種類のトライアルセットがあります。

・ ホワイトケアトライアルセット

・ 毛穴ケアトライアルセット

・ たるみ、ほうれい線ケアトライアルセット

・ ニキビ跡ケアトライアルセット

・ ニキビケアトライアルセット

・ 目元ケアトライアルセット

・ 乾燥、保湿ケアトライアルセット

・ エイジングケアトライアルセット

 

私が使ってみたのは「ホワイトケアトライアルセット」。おそらくこれが一番人気だと思われます。

ビーグレンを代表するビタミンC美容液とハイドロキノンが試せるのがこのセットだからです!

ビーグレン「ホワイトケアトライアルセット」レビュー

セット内容  icon-heart  クレイウォッシュ (15g) ・QuSomeローション (20mL) ・ Cセラム (5mL) ・ QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g) ・QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)

ちなみにCセラムがビタミンC美容液で、QuSomeホワイトクリーム1.9 がハイドロキノンクリームのことです。

ハイドロキノンは夜だけ使います。

クレイウォッシュ

これがかなり意外でした!石鹸系かと思いきや、違う!

モンモリロナイトを配合したクリーム洗顔。

泡立てずになじませるだけなのでらくちんだし乾燥も気になりませんでした。

QuSomeローション

これも意外!なんかビーグレンのイメージって刺激が強そうで、ちょっと躊躇していたんですけど、この化粧水もまろやか。

化粧水だけど美容液みたい。ペプチドや即効性のあるビタミンC誘導体であるVCエチルなどが入っています。

Cセラム

あーーー出た――ーーーPG!!

やっぱり生ビタミンにはこの処方なのか。

おそらくビーグレンの商品の中で一番人気だと思うけど、オバジやトランスダーマと同じような感じ。

3つを比べると、ビーグレンが一番刺激なくニオイもまだまし。

でもやっぱり好きじゃないんだよなー、この感じ。

でもでも、この3つってすごい人気じゃないですか。ということはやっぱり効果があるって方が多いってことよね。

これはもう好みとしか言えないと思いますが‥。

ビーグレンの特徴はQuSomeというテクノロジー。超極小カプセルに美容成分を入れて肌に届けるというのが他と違うところです!

QuSomeホワイトクリーム1.9

これこれ。私が使ってみたかったのはこれなのよ。

ハイドロキノンも躊躇していたんだけど、やっぱり今年の夏は猛暑だったからかなり紫外線ダメージが強かったのか、なんとなくシミが増えたような‥。

薄いうちならまだこれで間に合うはず!濃度もそんなに高くないし、刺激があるかもで怖かったけど、使ってみるしかない!と思い立ちました。

ちなみにビーグレンのハイドロキノンの濃度は1.9%です。

はじめて使った時、ちょっとピリッとしました。あ、ダメかも‥と思ったけど、翌日赤くなるわけでも荒れるわけでもなく、平気そうだったのでまた使ってみたら、今度はほとんど何も感じませんでした。

これなら使えそう!

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

なめらかでゆるすぎず固すぎずちょうど良い感じのテクスチャー。

スクワランが入っているからか、しっとりするんだけどべた付かないのが◎

使用感はふつうのクリームだけど、成分見たら他ではあまり見ないようなものばかり。

肌にハリと弾力を与える処方になってます。

***

ビーグレンって有名だけどなんとなく刺激が強そうで手を出さずにいたんですけど、ついにトライアルセットを頼んでしまいました。w

でも使ってみたらイメージが一転!むしろ刺激強くなかった‥。

特に私はハイドロキノンクリームの刺激が気になっていたのですが、大丈夫そうだったので、現品買って継続して試してみるつもりです。

しばらくたったらまたレポしますね!

ハイドロキノンの美白効果は?

 

ハイドロキノンは「肌の消しゴム」や「究極の美白成分」などと言われています。

しかしながら、厚生労働省が認める美白成分ではありません。

だからといって効果がないわけではなく、アルブチンなどの一般の美白成分に比べて約10~100倍の美白作用があると言われています。

そしてここが超重要!!

従来の美白成分はしみ・そばかすの予防ですが、メラニンを還元することが出来るのがハイドロキノンなんです。

つまり、ハイドロキノンは出来てしまったシミにも期待が持てる成分なんです!

でも刺激が強いのが難点。

ですので、不安な方は病院で医師と相談してくださいね。

市販のハイドロキノンクリームの濃度は1~4%、病院で処方されるものは5%~が多くなっています。

ドラッグストアなどではあまり見かけないですね。通販がほどんどじゃないかな。

でも海外のハイドロキノンクリームを個人輸入するのはおすすめしません。

海外のものなら高濃度のハイドロキノンクリームを処方箋なしで手に入れられますが、どうなっても自己責任なので‥。

また、ハイドロキノンクリームを使った後は必ずUVケアを忘れずに!!

逆にシミが濃くなってしまったり、色素沈着してしまうことがあるので。

シミを消したいからといって、安易な気持ちで使うのは注意。

でもビーグレンなら濃度もそんなに高くないし、まずはお試しセットで試してみて、気に入ったら現品を買えば良いと思います。

まとめ

ビーグレンのホワイトケアトライアルセットを使ってみたら、思っていたより刺激が低くて驚きました。

シミに悩んでいて市販のハイドロキノン化粧品を探しているならまず候補に挙がるのがこのビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9。

気になっている方は考えるより試した方が早い!

ハイドロキノンクリーム入り