「ライスフォース」美容液の効果は?成分チェックして使ってみたので口コミします!

最近発酵系コスメどんどん出てますね!やっぱり人気なんでしょうね♪

日本人の発酵技術はかなりレベル高いらしいですよ?まじめで勤勉な民族性のためしっかり管理できるそう。そもそも海外だと腐ってる!となるらしい。笑

そんな人気の発酵系コスメの中でも不動の人気を誇るライスフォースを今日は検証していきます!

ライスフォースはどうして人気なの?

ライスフォースは誰もが知る通販化粧品と言っても過言ではないほど有名ですよね!一時の流行かと昔は思っていましたが、今もかなり人気のようで、ニキビケアや化粧品まで出ています。

そんなライスフォースの人気の秘訣はなんといっても「ライスパワー No.11エキス」です。

これ、日本で唯一医薬部外品の有効成分として「皮膚水分保持能改善」効果を認可された素材なんです!

ということは厚生労働省のお墨付き、というワケです。

そしてなんとライスパワーNo.11エキスは、セラミド生成力を高めて肌内部から改善してくれる成分なんです!

セラミドを外から与えるのではなく、自ら作り出す力をサポートするので、使い続けるうちに強い肌に!

現在ライスパワーエキスは36種類あり、その種類によって効果が異なります。

ライスパワーエキスと米発酵エキスは違うもの

ライスパワーエキスって要はお米を発酵させたもの。それってよくドラッグストアや100均にも置いてあるお酒の化粧品と同じだと思ってませんか?

でもこれ、ぜーんぜん違うんです!!だから高いんですよーーーー!!

ライスパワーエキスは「日本型バイオ」と呼ばれる独自の発酵技術を用いて作られています。

化粧品メーカーではなく、香川の老舗酒造が開発。国産米100%を使用し、90日間も発酵・熟成させてようやく完成するんです。

「ライスフォース」を使ってみました!

ライスフォースのトライアルキットはお気軽基本3点セット900円とそれに美白ケアもついたお得な5点セット1,400円の2種類あります。

せっかくなので5点セットを頼んでみました!

セット内容  icon-heart  ディープモイスチュアローション(薬用保湿化粧水RF)・ディープモイスチュアエッセンス(薬用保湿美容液RF)・ホワイトニングクリアエッセンス(薬用美白美容液RF)・ディープモイスチュアクリーム(薬用保湿クリームRF)・UVプロテクトミルク25(日やけ止め化粧下地)

美容液が2種類入っていますよー!

保湿向けが青い方のディープモイスチュアエッセンス。美白向けが白い方のホワイトニングクリアエッセンス。

コチラは青い方。結構粘度があって白濁色。クリームに近い感じです。でも使った感じはスッとしてサラッとしています。べたつかずにみずみずしい使用感です。

美白用はもっと白くてほぼクリーム!でもこれもべたつかずにスッとします。少量でかなり伸びるので出しすぎ注意ですね。

美白用美容液を使う場合のステップとしては、ローション→青い方のディープモイスチチュアエッセンス→白い方のホワイトニングクリアエッセンス→クリームです。

お米の発酵の独特の匂いが結構好きでした。全体的にべたつかないけどしっとりします。でもスッとするので好みが分かれるかもしれません。

「ライスフォース」の成分は?

美容液2種類の全成分を掲載しますね。どちらも医薬部外品です。

ディープモイスチュアエッセンス

有効成分:ライスパワーNo.11
その他成分:水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、濃グリセリン、エタノール、BG、DPG、POE・ジメチコン共重合体、オクタン酸セチル、オリブ油、植物性スクワラン、天然ビタミンE、POPメチルグルコシド、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、軽質流動イソパラフィン、ヒアルロン酸Na-2、グリチルリチン酸2K、POEステアリルエーテル、カミツレ油-2、粘度調整剤、PH調整剤、EDTA-2Na、メチルパラベン

ホワイトニングクリアエッセンス

有効成分:ビタミンC・2-グルコシド
その他成分:ライスパワーNo.23、水、カミツレ油-2、ステアロイルグルタミン酸Na、濃グリセリン、トリ(カプリル-カプリン酸)グリセリル、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・べヘニル・2-オクチルドデシル)、ミリスチン酸ミリスチル、ステアリン酸ポリグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、ジ恵知子ん、オクタン酸セチル、シクロペンタシロキサン、BG、DPG、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノステアリエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、べヘニルアルコール、ミリスチルアルコール、エタノール、ピロ亜硫酸Na、EDTA-2Na、粘度調整剤、PH調整剤、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

なかなかの合成成分ですね(・・;)

というと印象良くないですが、悪い成分は入っていません。最近流行の無添加とかオーガニックとかではなくデパコスに近い。でもエタノール配合と合成界面活性剤が多いので、どうしてもそんなのは嫌!!という方は使わない方が良いと思います。

ライスパワーエキスって水に溶けづらいのか?ライスフォースに限らず、ライスパワーエキス配合の化粧品ってこういう処方ですよね。

なぜエタノール配合しないといけないのか問い合わせてみたところ、「溶剤」なので必要不可欠、という答えだったし。

そもそも米100%が材料なので、腐りやすいのもあるんだと思います。エタノールには抗菌作用もありますし。

ちなみにホワイトニングクリアエッセンスに配合されているライスパワーNo.23は皮膚を保護して整える作用があり、人が本来持っている防御力や自活力を呼び起こし、透明感あふれるツヤのある肌に導いてくれます。

ライスフォースの効果は?

肌内部から水分保持能を改善していく基礎化粧品なので、即効性はないと思って継続して使った方が良いです。

結構お高い化粧品なので、継続出来ないなら最初から使わない方が良いです。意味がないと思うから。

合成成分多いですが、私はこのゴリゴリの合成にこそ真意があると思います。(ないならクズ認定して紹介しません。笑)

成分中に結構油剤が多いんですよね。いわゆるエモリエント剤ってやつです。だから合成界面活性剤がたくさん必要になるんだと思いますが、ということは肌に疑似の保護膜を張って水分を逃さないということです。

処方にエタノールが必要不可欠ということは、やっぱり乾燥しやすくなりますよね?それを乾燥させないために膜を張ってるんですね。

で、肌内部にアプローチしながら、使った感じも良好にするためにツヤを出したりする成分が処方されています。

これが合成ゴリゴリになっちゃう理由だと思います。

要は、保湿と使用感を良くしようとすると、こういう処方になっちゃうんじゃないかな?

かなり口コミも多い化粧品ですが、評価が結構ハッキリ分かれるのは合う、合わないがかなり分かれるからだと思います。

ライスフォースが向いている方

icon-check セラミド配合の化粧品に効果を感じなかった方
icon-check 植物エキスでかぶれたことがある方
icon-check べたつく化粧品が好きではない方
icon-check 見た目にツヤが即効で欲しい方
icon-check 日本で唯一「水分保持能」が認められたライスパワーエキス配合の化粧品を使ってみたい方

まとめ

ライスフォースは厚生労働省から「水分保持能」が認められたライスパワーNo.11配合の化粧品。

ただエタノールと合成成分も多いので、まずはトライアルセットで試してみることをおすすめします。

なんとトライアルセットにも返金保証がついていて、潤いに満足出来なければ使用後の返品もOKです。

 お米の力でキレイに!ライスフォース

関連記事

  1. 日本初の皮脂を抑える薬用美容液「ライースクリアセラムNO.6」がまじで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

\メルマガ会員募集中/

おすすめ記事

最近の記事