更年期になって敏感肌になった40代の私は化粧品をすべて変えました

アラフォーになり、急に汗が出たり目眩がするなど更年期の症状が出始めました。肌も乾燥して肌トラブルが起きやすくなったので、今まで使っていた化粧品が急に合わなくなりました。刺激があるものは肌が痒くなります。

更年期になって敏感肌になり化粧品を変えました

更年期になってから、肌の乾燥が目立つようになりました。そしてくすみ・シワ・シミなども目立つようになり、敏感肌になったことで肌トラブルも起きやすくなり、肌の変化を感じていました。

そこで、海外ブランドの化粧品を使っていましたが、使用を中止して無添加で肌に優しい日本製の化粧品を使うことにしました。

刺激があるものは使うのをやめて、保湿成分があるエイジングケア対策ができる無添加化粧品をそろえました。

クレンジングはオイルで軽く落とすようにし、洗顔石鹸は泡立てネットでしっかり泡立てた後に泡で顔をソフトな感じで包み込むように洗いました。

それからビタミンC入りの美容液を塗った後、スクワランオイルを数滴顔全体に塗るようにしています。

サラっとしていてしっかり浸透するので、使っていると肌感が変化するのがわかります。

化粧品は香料がないものの方が心地良く感じるようになりました。

香料が強いものはたまに吐き気がすることもあるので、更年期になってから体が敏感に反応するようになったんだなぁ、と思います。

昔はそんなことなかったのですけどね。

アルコール配合の化粧品を使うのをやめました

海外製の何が刺激になっていたんだろうと考えたところ、エタノールではないかと思うようになり、アルコール配合の化粧品の使用を中止しました。

いくつか試してアルコール無添加のものを選びました。

肌に優しいものを使い続けることで、次第に肌の痒みやカサつきもなくなってきたので、ホッとしています。

スクワランオイルは天然由来で肌に優しいですし、数滴で十分肌が潤うのでコスパもよくスキンケアの手間がかからず、手軽に使用できるので気に入っています。

更年期からのスキンケアは、素肌をキレイに保つことを重視して、刺激が少ない肌に優しい成分が配合されているものを使用することにしています。

美容液はビタミンCが入った低刺激のものを使っています

しかし、肌に優しいだけでは年齢肌の悩みを解決するのは難しいですよね。

そこで美容液だけはビタミンCが入ったものを使うようにしています。

刺激が強いものは使えないので、これもビタミンCでも刺激がなく使えるものを探しました。

これ以上シミを増やしたくないので、肌に優しい化粧品を使ってエイジングケアもしていきたいと思います。

関連記事

  1. 40代更年期の私は成分に気を付けて刺激がない化粧品を選んでいます

  2. 更年期で肌が乾燥するようになった40代の私は美容液にお金をかけるように…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。