更年期で肌が乾燥するようになった40代の私は美容液にお金をかけるようになりました

よく生理中などに起こっていた肌の乾燥や弾力のなさが、常時そうであるようになってしまいました。

以前は手放せなかったあぶらとり紙がすっかりいらなくなってしまったことに驚いています。

エイジングケアには保湿が重要と言われるのがよくわかりました。

更年期になってからメークよりスキンケアにお金をかけるようになりました

肌の調子が悪いので化粧ノリも悪くなってしまいました。

よく年配の女性を見て「そんなわざとらしいメイク・・・」と思っていましたが、肌の状態が悪いままに以前と変わらないメイクをしてしまうとそうなってしまうことがわかりました。

以前はシャドウや口紅などいろんな色やアイテムを揃えていたのですが、更年期を感じてからはベースのスキンケア、特に保湿や美容液などにお金をかけるようになっています。

手でそのままとって塗っていた化粧水を(使い始めた化粧水が推奨していたので)コットンを使って丁寧に肌にしみこませるようにしています。

コラーゲン入りの美容液でお手入れをしています

年齢とともに不足しがちになるというコラーゲンなどが配合された美容液を使用して肌の保湿や弾力を維持できるようにしています。

肌の状態を良くするためには、本当は食事なども一緒に改善するべきということもわかっています。

しかし、仕事上お付き合いも多く外食や残業などでどうしても不規則になりがちです。

ここはもう美容液に頼ることにしています。

乾燥するのでクリームは不可欠です

以前はどちらかと言うと脂性肌だったので苦手としていたクリームですが、今は保湿成分を閉じ込めるためにも、肌をなめらかに保つためにも使用しています。

クリームを使うときと使わないときでは、日中の乾燥具合が全く異なるので驚きました。

肌ももっちりとするので、朝晩しっかりクリームを使用するようになっています。

普段から特に紫外線に気を付けています

メイク用品の方はかなりシンプルになりました。

休日は肌色を整える化粧下地を使用して、あとはパウダーで仕上げるだけ。

メイクは想像以上に肌に負担がかかっていたようで、たまの軽いメイクがとても落ち着きます。

ただ、紫外線ケアだけはしっかりとしています。

外に出る時はスキンケアの時点で日焼け止めを塗りますし、出かける予定のない日でも窓際で過ごしたり、ちょっとした近所の買い物で紫外線を浴びる可能性があるので、化粧下地などにUVカット効果があるものを選んでいます。

昔と異なり紫外線の影響が大きいようなので、今だけでなく今後のシミや乾燥予防にもこれは欠かさないようにしています。

このようなスキンケアにシフトしてから、少しお金がかかるようになった気がします。

口紅などのメイク用品より、化粧水などのスキンケア用品のほうが高額なので・・・。

でも使い続けられる限りはしっかりと使って肌そのものをきれいに保ちたいと考えています。

関連記事

  1. 更年期になって敏感肌になった40代の私は化粧品をすべて変えました

  2. 40代更年期の私は成分に気を付けて刺激がない化粧品を選んでいます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。