50代に間違われてショックだった40代の私は3種類の美容液を使っています

45歳主婦の方のスキンケアの方法です。


子育てに追われてあまり美容に構わなかった30代でしたが、40代に突入してからシミと目元のクマやホウレイ線が気になりはじめ、45歳になった今は深刻な悩みです。

子供も小学生となり時間的に余裕が出てきたのでいろいろ試しています。

シミ、保湿、マッサージ用の美容液を使ってお手入れしています

今はシミの美白用美容液、保湿効果のある美容液とマッサージ器専用の美容液の3種類を使ってお手入れをしております。

シミ対策美容液の使い方

2、3日に1回は角質取りのジェルをシミのところだけ塗り軽くマッサージをして余分な角質を除き美白効果の高い美容液がより浸透しやすくしています。週に1回は顔全体にします。

保湿対策美容液の使い方

夜は家事や育児などが忙しく、朝子供を学校に送り出した後の方が時間が取りやすいので、化粧をする前に肌が硬く感じた場合は特に暖かいスチームタオル(濡らしたタオルをラップに包み電子レンジでチンをしたもの)を顔に数分おきます。

その後にドラッグストアで売っているような安価なものですがパックシートで顔パックを15分ぐらいします。

その後に保湿美容液を使うと浸透がよく化粧のノリも違います。

時間が無いときや面倒くさい時は顔パックだけをしたりします。

夜寝る前にパックをした方が効果があるのかもしれませんが、私は化粧をする前の方が肌の感触が良いように感じています。

マッサージ用美容液の使い方

週に一度ぐらいですが、夜寝る前にホウレイ線や目元のクマなどに効果があると言われている美容液を塗った後、マッサージ器をホウレイ線と目元を伸ばすようにあてています。

マッサージ器を使うと肌もほんのり暖かくなり美容液の浸透や効果が上がるのでやはり機器代は高いのですがその価格分の効果が出るのかなと思います。

40代前半の時に50代と間違われてショックを受けて、老けて見える原因のいくつかはシミとホウレイ線や目元のクマだと思ったのでこのような美容液を使いいろいろと試して使っています。

目元のクマやたるみは保湿を強化するとかなり改善されました。

ホウレイ線も完全になくなるのは難しいですが薄くなったような感じがしております。

シミはやはり一番効果が出にくいようですが、薄くなってきたような感じが少しはするのでこれからも継続してやっていこうと思っております。

美容液はもちろんただ使っても良いと思いますが肌下地を整えたり器具を使うことでより効果が上がると思います。

関連記事

  1. 化粧水すらつけていなかった私は40代でエイジングケアを始めました

  2. シミ対策は出来る前に予防することとわかったのが40代です

  3. 40代になって乾燥がひどくなった私は美容液で保湿対策しています

  4. 40代の私は手作り美容液とイオンスチーマーを活用しています

  5. 40代の私はセラミドとEGF美容液を使い分けています

  6. 肌の保湿力が上がれば化粧のノリも良く崩れにくくなることを知りました

  7. 40代の私はコスメデコルテとクラランスの美容液で褒められました!

  8. 目尻の乾燥小じわが気になる40代の私は美容液シートを使っています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。