目尻の乾燥小じわが気になる40代の私は美容液シートを使っています

40歳会社員の方のスキンケアの方法です。


加齢と共に少しずつ増えた乾燥小ジワに悩まされています。

部分的には生理周期に合わせて繰り返しニキビが出来てしまうオイル肌が混合しているので、サッパリした化粧水を出来るだけ使う様に気をつけていますが、そうすると乾燥小ジワが気になる、という悪循環を繰り返しています。

朝は洗顔後にサッパリタイプの基礎化粧品を使って、メイクを済ませて仕事にいきます。

そして帰宅して入浴する際にはまずしっかりとメイクを落とします。

少しぬるめのお湯を使って洗顔した後は、開いた毛穴を冷やして引き締める為に冷水で仕上げすすぎをしてサッパリとした化粧水を使います。

その後生理周期に繰り返しニキビができる口や顎まわりを避けてコッテリとした保湿効果のある乳液を使ってしあげます。

また、ほうれい線の出やすい小鼻から頬の辺りが気になるので、そこに美容液をさらに集中的に重ね塗りしています。

週3日美容液シートでのスペシャルケアをしています

寝る前には、乾燥小ジワが気になる目尻に貼るタイプのピンポイント美容液シートを週に3日程度のペースで貼りつけて就寝し、翌朝剥がします。

洗顔後はサッパリとした化粧水で仕上げてメイクを済ませますが、コレを繰り返していたら目尻の乾燥小ジワが目立たなくなってきたんです。

加齢によるほうれい線は消える事は無いのですが、同年代の方は私が同じ歳だと言うまで年下だと思っていたと肌をとても褒めてくれました。

サッパリした化粧水だけで手入れをしていた30代は、やはりメイクを済ませても肌の保湿力不足が目立ち、昼には乾燥小ジワがファンデーションを崩してしまい、常にランチ後にはメイクを治すのに苦労していました。

最近はサッと粉タイプのファンデーションを塗るだけでメイクを治すのですが、夕方までヨレずに持ちます。

ただ、肌のかぶれやすい方は美容液シートタイプを貼りつけて就寝すると赤みが出たり痒みが出たりする恐れがあるので、そこは目元専用のピンポイント美容液を塗り込んで就寝する方法に変更するのもいいかなと思います。

私の場合は化粧品販売カウンターの美容部員の方に相談して、化粧水の種類を分けて使うのがいいかなと結論が出たのでこの方法を取っています。

同じ様な混合肌でお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度カウンセリングを体験してみてもいいのではないかな、と思います。

関連記事

  1. 化粧品の出費を抑えたい40代の私は美容液豪華1点主義派です!

  2. 40代の私のスペシャルケアは自家製パックと美容液です

  3. 美容液のつけ方を工夫して肌にハリと透明感が出ました!

  4. 肌の保湿力が上がれば化粧のノリも良く崩れにくくなることを知りました

  5. 40代の私は美容液をつけてナノイー美顔器で加湿しながら寝ています

  6. 40代敏感肌の私は原液美容液とセラミド乳液しか使っていません

  7. シミ対策は出来る前に予防することとわかったのが40代です

  8. 40代の私はオールインワンジェルと美容液をW使いしています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。