美白有効成分ってどれを使ったら良いの?シミの出来る工程がカギ!

そろそろ美白化粧品に切り替えようかな?という方も多いと思いますが、美白化粧品ってたくさんあってどれを使おうか迷いますよね。

もちろんお気に入りのブランドから選ぶ、というのもアリですが、いつもと違うものを使ってみたい、今使っている美白化粧品がイマイチ、という方は美白の有効成分が違う化粧品を使ってみる、ということを検討してみてください。

美白有効成分は成分によって働き方が違う!

シミが出来るまでにはいくつもの工程があります。その工程の途中に働きかけることによってシミが出来るのを防ごう、というのが美白化粧品です。

シミが出来るメカニズム

紫外線によってシミが出来る工程をみていきましょう。

①紫外線を浴びると表皮の細胞がザワついてメラノサイト(シミ工場)にメラニンを作れ、と訴えます。

②メラノサイトの中にある「チロシン」というアミノ酸が「チロシナーゼ」という酵素の作用によってメラニンになります。

③メラニンが過剰に生成されたり、うまくサヨナラ出来ずに滞留して居座りづづけると色素沈着が起きてシミになります。

美白成分の働き

①の時点でメラニンを作る指令をストップさせる
・カモミラET(カミツレエキス)
・トラネキサム酸

②の時点でチロシナーゼの活性を抑える
・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸
・ルシノール
・ビタミンC誘導体
・4MSK

②の時点でチロシナーゼの成熟を阻害、分解する
・マグノリグナン
・リノール酸

③の時点でメラニンの排出を促す
・エナジ―シグナルAMP
・リノール酸

メラニンを還元する
・ビタミンC誘導体

体質や個人差があるのでどれが良いとは一概に言えない

じゃあどれを使ったら良いのか、ってこれが1番!とは言えません。

そもそも美白成分を使わなくても保湿をすればシミを防げる、というのは、保湿がきちんとされていて肌のターンオーバーが正常であれば生成されたメラニンは溜まらずに排出されるからです。

本来メラニンは肌を紫外線から守るために作られるので悪者ではありません。

でもやっぱりシミが出来るのは女性にとっては嫌なものですよね。

まとめ

美白化粧品を変えるのを検討されているのであれば、作用の違うものに変えてみましょう!

成分によってシミを防ぐ働き方が違います。

例えばトラネキサム酸がイマイチであればアルブチンやビタミンC誘導体入りのものを使ってみる、などです。

あなたに合う成分を見つけるのには時間がかかるかもしれませんが、この努力は未来の綺麗を作ります!!

関連記事

  1. 化粧品の成分表示のルールと見方

  2. 現役美人皮膚科医による吉木式メソッドとは?

  3. 美容オイルを使う時も美容液は必要?その順番は?

  4. 秋は肌修復のチャンス!本格的な乾燥季節になる前にやるべきこととは?

  5. あなたのそのクマ、なにグマ?クマの種類によって解決法も変わるんです!

  6. 冬将軍到来!今使うべき40代におすすめの保湿美容液まとめ

  7. おすすめの美容液+日焼け止めランキング!肌に優しくて白浮きしなくて綺麗…

  8. スキンケアを変えたい!と思った時のベストなタイミングとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

\メルマガ会員募集中/

おすすめ記事

最近の記事